秋の深まり

こんにちは!

 

読書の秋、芸術の秋よりも、断然食欲の秋!いつも元気なスタッフ田崎です!

 

今朝は羽鳥湖周辺はかなり冷え込み、朝6時の気温がなんと3℃でした😱。

 

濃い霧が出ていたので良い天気を期待していなかったのですが、澄んだ空気と秋晴れの吸い込まれるように青い空。色づいた木々が照らされて、まるで絵画の中にいるような一日になりました。

 

また、近くの山からシカの鳴き声が聴こえ、秋の朝の景色に物寂しい演出となりました。

百人一首に

「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」

 ―猿丸太夫

と詠われていますが、今朝はまさにこの歌の通りでした。

 

これから日を追うごとに秋が深まります。

 

燃えるように紅く染まる山幾千もの星が輝く夜空

 

これからの季節もまた楽しみです😄。

 

追記。

森の中で。。。

オヤマボクチが咲いていました。

ツルリンドウも赤い実をつけていました。