クラシックカー

支配人 渡邉でございます。

台風の影響も思ったほどではなく、ここエンゼルフォレスト那須白河では夏の陽気が戻った感じでございます。そんな週末のなか、クラッシックカーの団体様がお越しになり、当社の駐車場の一角が、いつになくノスタルジックな雰囲気になっております。

青いのは、ブガッティです。

手前の黒いのがフィアット。運転席には最新のタイム計測器がついており、ある競技で使用するそうで、1/100秒まで計測するシビアな競技だそうです。

こちらは、イギリスのオースチン。ラリー仕様です。

外国車、日本車問わず古い車が沢山ありますが、こうして現存して実際に走っているというのは感動的にも思います。新しいものにも、古いものにも、それぞれに「良さ」というのがありますね。ただ、古いものを維持していくというのは部品とか考えますと大変そうですが。