サワガニ

こんにちは、エンゼルフォレストの(自称)庭師、池田です。

昨日、売店からカヌー乗り場へ向かう歩道沿いに植えてあるドウダンツツジの手入れをしておりました。木の幹の下の方の小枝を剪定し、雑草や余分な土を取り除いていたのですが、その時に落ち葉の中からサワガニが出てきました。

連日気温が30℃を超える日が続いていましたし、サワガニが出てきた落ち葉が結構乾燥していたので、ちょっとびっくりしました。でも考えてみると、その場所はカヌー乗り場の近くに流れている川から15mくらいの距離ですから、干からびてしまいそうになったとしても、サワガニの歩行速度でも10分も歩けば十分に水分補給出来る場所に戻れるのでしょう。サワガニの食性は雑食で、藻類や水生昆虫、陸生昆虫、カタツムリ、ミミズなど色々な物を食べるそうですから、落ち葉の中にはご馳走がたくさんあるのかもしれません。

裏はこんな感じです。

ちなみにサワガニは水がきれいな渓流や小川に多いので、水質階級I(綺麗な水)の指標生物となっているそうですから、エンゼルフォレスト内を流れている川の水は綺麗な水だということになりますね。