場内の様子

支配人 渡邉でございます。

今年の異常ともいえる猛暑、皆様のお住まいの地域はいかがでしたでしょうか。お盆が過ぎて夏休みも後半に差し掛かってまいりましたが、ここエンゼルフォレスト那須白河では、お盆を境に変化が見られます。その一部をご紹介いたします。まず、清流にはつきもの刺されると痛い厄介もの「アブ」が少なくなります。その他には秋のイメージが強い「ススキ」が穂を出し始めます。見頃になるのは9月~10月くらいと言われておりますので、なるほど納得というところでしょうか。それと同じ時期にあるものが見頃といいましょうか、食べごろといいましょうか、「ヤマボウシ」です。6月~7月に真っ白い花を咲かせ、果実が熟すのがちょうどススキの見頃と重なります。どちらも場内でみられますので、季節を感じながらご覧いただければと思います。

 

場所:湿地園

ススキは別名「カヤ」ともいわれ、昔の家の屋根材としても使われていたそうです。萱葺き屋根ですね。この近くでは、天栄村湯本地区にある温泉宿で「源泉亭湯口屋旅館」さん、「ひのき風呂の宿分家」さんは、萱葺き屋根を今でも守り続けております。

ちょっと足を伸ばして、「大内宿」は有名ですね。

 

場所:大駐車場入り口

ヤマボウシの実もところどころ色づいてきました。写真ではわかりにくいですが、沢山の実がついてます。意外にも、実が食べられる事を知らない人が多い?そのままでも食べれますが、ジャムや果実酒にする方が多いかもしれません。

場内の様子:おまけ

爆睡中のジーナさんです。