羽鳥湖

支配人 渡邉でございます。

今回は、エンゼルフォレスト那須白河にほど近い「羽鳥湖」のご紹介です。昭和31年に完成した羽鳥ダムですが、完成当時は日本最大級のかんがい用ダムだったそうです。完成後は、農業用水として須賀川市、西白河郡、岩瀬郡などに供給されております。ただ、皆様もご存じのように記録的な猛暑が続き、羽鳥湖の水も干上がっている状況になってしまいました。施設を運営する側としては、雨は降らない方が良いと思ってしまいますが、農家の方々にとっては死活問題です。何でも、バランスは大事ですね。

展望広場(国道118号線)からの様子です。ここはまだ、水が残っておりますが、場所によっては完全に湖底が出てしまっております。ダムになる前は、羽鳥村という60戸弱の集落がありました。普段は湖底に沈んでおりますが、当時の村にあった橋でしょうか?これを見るとかつて集落だった事がわかります。名前の由来もそこから来ているのだと思います。