フライフィッシングしませんか?

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。連日これでもかというくらい暑い日が続き、全国的に夏真っただ中ですが、皆様元気にお過ごしでしょうか?

高原らしからぬ暑さの中、施設管理業務の一環として、毎朝色々な場所を点検清掃しております。そのなかでもガーデンスパ(水着露天風呂)は屋外にあることもあり、どうしても虫などが入ってしまう為、網ですくって除去しております。少し前より虫の数は減りましたが、主にユスリカやカゲロウなどが飛んでいるようです。

ユスリカやカゲロウといえば、フライフィッシングに使用するフライのモデルの代表的な昆虫です。これらの昆虫を模したフライはドライフライ(水面に浮くフライ)に分類されます。

フライフィッシングってどんな釣り?という方に簡単に説明しますと、エサではなく西洋の毛バリで釣る釣りです。エンゼルフォレストの釣り場でもフライフィッシングとルアーフィッシングが出来ますが、長い竿をブンブン振り回し、ちょっとカウボーイっぽい帽子をかぶってやっていたりするあの釣りがフライフィッシングです。ウェダーという地味な水中用オーバーオールみたいなズボンを履いて、膝から腰くらいまで水に浸かって釣っている方もだいたいフライの人が多いです。針に獣毛や鳥の羽を巻きつけて、ユスリカやカゲロウなどのように見せて魚を釣ります。竿を振り回すのは、軽い毛バリの重量ではなく、フライラインという糸の重さを利用して毛バリを飛ばす為にああいう投げ方になります。

フライフィッシングの基本の要素は4つあると言われています。

自然観察、キャスティング、フライタイイング、フィッシングの4つです。このどれもが奥深く、実際に釣りをしている時以外の時にも楽しみをもたらしてくれます。

まず釣りをする場所・季節にどんな昆虫が発生するのかを調べ(自然観察)、魚にエサだと思わせる毛バリを巻き(フライタイイング)、竿・リール・ライン等の道具を揃えて投げ方を覚え(キャスティング)、実際にフィールドで釣る(フィッシング)ことになります。こう書きますと初めての方にとってはとても敷居が高く思えてしまうかもしれません。しかしエンゼルフォレストのような管理釣り場でトライするのであれば、意外と簡単に始めることが出来ます。凄腕のフライフィッシャーばかりがいるわけではなく、初めてルアーフィッシングにトライするお子様もたくさんいる釣り場ですので、最低限のマナーさえ守っていただければ、腕前や知識がほとんどなくても堂々とトライしていただけます。そして渓流や自然の湖などですと、初心者の方だけで魚がいる場所に狙いを定めるのが困難ですが、管理釣り場であれば魚も多くいますし、魚が集まっている場所を見つけるのも簡単です。ほとんどキャスティング出来なくても、魚がいるところにフライを落とせます。揃える道具も最初からひと通りと考えなくても、ロッド・リール・ライン・フライ・ネット・その他の小道具を幾つか揃えるくらいでトライ出来ます。まず釣り場に出てみて、面白いと思えば少しずつ道具を揃えて投げ方などを研究していけば良いのです。少しでもフライフィッシングに興味がある方や、特に夢中になっている趣味が無く何かを始めてみたいと思っていましたら、エンゼルフォレストでトライしてみませんか?60cmオーバーのレインボートラウトやイトウが湖で待っています。次にいらっしゃる時はどんなフライを巻いていこうかとか、空き地でキャスティングを練習して飛距離を延ばそうとか、クラシックなイギリス式ファッションスタイルでいこうなど、旅行中だけでなく日常生活中にも楽しい時間が増えるかもしれませんよ。

 

なつの天栄 羽鳥湖高原ウォーク2018

支配人 渡邉でございます。

皆様、三連休初日ですが、いかがお過ごしでしょうか。ここエンゼルフォレスト那須白河も天気も良く、高原の清々しいなか元気に営業しております。

さて、来週末になりますが、ここ羽鳥湖高原におきまして、ウォーキング大会が開催されます。事前参加申し込みになりますが、当日でも申し込み可能でございます。季節を肌で感じながら新緑の中を歩くのはとても清々しく気持ちが良いので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか?(お土産付です)そこで、当日の会場が当エンゼルフォレスト那須白河の入り口にある道の駅羽鳥湖高原となっておりますので、交差点付近では受付時間からゴール(お昼前くらい)までの間は大変混雑が予想されます。ご来場やお出かけの際は余裕をもっていただければと思います。

 

今年はカブトムシが多いです。

キャンプと昆虫大好きキッズの皆さん、こんにちは。施設管理スタッフの池田です。

夏になるとエンゼルフォレストでは色々な昆虫が出現します。中でも毎年良く採れているのがミヤマクワガタなのですが、今年はそれよりもカブトムシが多く採れています。

「施設管理スタッフ」という立場上、毎日エンゼルフォレストの中の色々な場所にクワガタや蛙を探しに行く...じゃなかった、機械の点検や掃除に行くのですが、その時に色々な動植物に出会います。昨日は、クワガタ(♀)1匹とカブトムシ(♂)三匹を捕まえました。明らかにカブトムシが多いです。それもほとんどオスばっかりなので(毎年見つけるとしてもメスのほうが多いので)不思議です。なにか理由があるのでしょうか...。

都会に住んでいて、夏休みにエンゼルフォレストに来る予定のある昆虫キッズは今から飼育ケースを用意して、アミの素振りをしていることでしょう。昆虫の生態についても詳しく、どういうところにいるのか皆さん良く知っていると思います。ですが、もし残念ながらなかなか虫たちに出会えない場合は、エンゼルフォレストの中の「アクティビティーセンター」というところに行ってみてください。昆虫や植物に詳しい(物静かそうな)お兄さんや(たくましい)お姉さんがいますので、聞いてみますと教えてくれると思います。

山菜の宝庫!?

支配人 渡邉でございます。

エンゼルフォレスト那須白河は、豊かな自然ときれいな清流に囲まれており、四季折々楽しめるリゾート地でございます。福島県は天栄村の羽鳥湖高原に位置するこのエリアは、山菜が豊富な場所でもございます。山菜といっても種類は豊富ですが、この時期といえば思い出すのは(私の場合ですが・・・)やっぱり「タラの芽」です。そこで、少し歩いてみることにしました。

まず見つけたのは「ハリキリ」。特徴は、鋭いトゲが出ているので比較的見つけ易いと思います。写真の大きさでしたら、天ぷらがおすすめです。味は、タラの芽より香りが強い感じです。もう少し葉が伸びれば、お浸しにしても良いです。ただ、アクが強いので濃い目の味付けが良いと思います。※お味噌系の

次は「タラの芽」です。写真ではわかりにくいですね。このタラの芽は、2m以上ありました。これでは採れない・・・ですね。タラの芽はやっぱり、天ぷらが王道でしょう。

管理運営上、場所はお教えすることはできませんが、意外に身近なところにあったりします。山菜を採る楽しみもありますが、やはり食べる方がという方は。。。

当施設の入り口の交差点にある「道の駅羽鳥湖高原」ここは、地元の採れたて山菜も販売しておりますので、春の味覚を味わいたい!という方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

わらび、ウド

なんと、アク抜き不要のワラビです。

ヤーコンもありました。

私はよくありますが、この山菜・・・見覚えがあるなぁ・・・でも、なんだろう?食べれるのかな?っとなった時、携帯で写真を撮ります。そして、ここの駅長さんに見せて、聞きます。詳しく教えてくれますので、もしそんな事があったら皆様も聞いてみてはいかがでしょうか。

 

季節はずれの・・・

こんにちは、フロント 野村です。

4月に入ってから暖かい日が続き福島県内でも
桜の開花が進んでおります。

先日行ってきた福島市の花見山も
桜が満開で多くの方がお花見に
いらっしゃっていました。

そんな中、今日は冷え込みが厳しく
まさかの

雪がちらついていました。。。
さすがに積もるほどの雪ではないですが
季節はずれの雪に驚く1日となりました。

三大桜

支配人 渡邉でございます。

日差しも春らしく、温かい陽気になってまいりました。この時期の話題といえば、やっぱり「桜」でしょうか。関東圏では桜の見ごろ過ぎ、散り始めという話題も耳にしますが、皆様のお住まいの桜はいかがでしょう。
さて、エンゼルフォレスト那須白河がある福島県内も、各地で桜の見頃を迎えております。今年の開花は早く、昨年から比べて10日ほど早く咲いたようです。今回ご紹介するのは「三春の滝桜」です。三大桜のひとつといわれ、樹齢1,000年以上で咲いた花が流れ落ちる滝のように見えることからこの名がついたそうです。
エンゼルフォレスト那須白河からですと、1時間30分弱のところにありますが、近くにには磐越自動車道も通っておりますので、アクセス的には割とわかりやすいかと思います。是非、お越しの際はご覧になってみてはいかがでしょうか。
拝観料として、お一人様300円かかりますが、目の前で見る巨木と美しさに圧倒される事は間違いないと思います。


歩きやすいように歩道が設置されております


お花を楽しんだら、こちらも楽しむ?!

近隣観光施設

支配人 渡邉でございます。

3月に入り、だいぶ気温の上昇が感じられるようになりました。ただ、朝晩はまだ冷え込む事が多いので注意が必要です。皆様の地域はいかがでしょうか。さて、今回は、エンゼルフォレスト那須白河のご近所さんでもある施設をご紹介いたします。お車で10分ほどのところにある「ブリティッシュヒルズ」です。その中に英国から輸入した雑貨やお菓子等を販売しているイエショップがあります。その他、ティールームや英国風パブもありますので、英国を味わうには十分施設が整っております。残念ながら、ワンちゃんのご入場はできませんが、ご宿泊の際にはお預かり所に預けていただいて、ちょっと英国の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店内はこんな感じです。

入口

メインの建物はこちらのマナーハウス。18世紀頃の荘園領主の館を再現してあります。数々のドラマやCM、ファッション雑誌などのロケにも使われてますので、もしかしたら見たことがあると思われるところもあるかもしれませんね。

冬ならでは

支配人 渡邉でございます。

2月も残すところあと僅かになりました。地域によっては春の便り、話題があるかと思いますが、ここエンゼルフォレストでは、まだまだ雪遊びが楽しめそうです。そこで、表題にもありますが、冬だからこそ楽しめるものをご紹介したいと思います。今朝、マウンテンバイクのオフロードコース(冬はスノーモービル、クロスカントリースキー)を歩いていると、不思議な形をした跡が林間を横断してました。

それが、これです。

 

明らかに動物の足跡ですね。さて、何の足跡でしょう?ここは自然豊かな環境で様々な動植物が生息しております。普段はあまり目にすることはありませんが、冬にはこんな発見ができます。是非、お越しになった際には、そんなところも楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

グランディ羽鳥湖スキーリゾートOPEN!

こんにちは。
ここしばらくというもの、12/23(土)にオープンするグランピングサイトばかり注目が行っていましたが、

エンゼルフォレスト那須白河から車で約15分。
提携スキー場であるグランディ羽鳥湖スキーリゾートも本日より今季の営業がスタートしました!

ここ数年は雪不足・暖冬が続き、予定日にオープンができない年が続いてきましたが、


今年は降雪にも恵まれ、無事オープンにこぎつけたようです。
初日となる今日は土曜日という事もありましたが、まずまずの混雑ぶりのようです。

さすがに全コース・全リフト稼働までは至りませんが、
ここ数年の間ではかなり「良い」と言える状況なのではないでしょうか?

お子様用の楽ちんエスカレーターも稼働が始まり、
早速親子連れの利用で賑わっていたようです。

グランディと言えば恒例の『料理対決』も始まっていました。

今年は 和食「にんにく香る国産牛のしゃぶしゃぶ丼」と洋食「クリームチキンと三種のチーズ焼き丼」の対決。

人気の「ガリステ(ガーリックピラフ&ステーキ)」は殿堂入りの末、

遂に定番メニューの仲間入りを果たしたようですね。

エンゼルフォレスト那須白河ではグランディ羽鳥湖スキーリゾートのリフト券付プランも販売していますので、ぜひ一度足を運んでみて下さいね♪

リフト券付プランはこちら→

羽鳥湖高原健康ウォーク2017

支配人 渡邉でございます。

早いもので9月も終わり10月になろうとしてますが、10月といえばそろそろ紅葉の季節ですね。エンゼルフォレストのある羽鳥湖高原もそんな時期を迎えようとしております。福島県内では、磐梯吾妻スカイラインがちょうど見頃を迎えております。羽鳥湖周辺も10月中旬くらいから紅葉が楽しめる(予定ですが)と思います。

さて、10月といえばお題にもございます「羽鳥湖高原健康ウォーク」のイベントが10/14(土)に開催されます。羽鳥湖高原の自然を満喫しながらのウォークは天栄村特産のヤーコンが入ったカレーや田舎汁なども振る舞われ、なんとお土産に天栄特産の長ネギもいただけちゃうという人気のイベントになっております。事前申し込みは10/10(火)までですが、当日参加もOKです。皆様も是非ご予定をたてて羽鳥湖高原の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。