夏の終わり、秋の訪れ

こんにちは!

スタッフ田崎です。

ここ数日、キャンプサイトの入れ込みも平日はぐっと少なくなり、夏の終わりを感じます。

そういえば、見えている景色にもなんとなく秋を感じます。

ハギの花が咲いていたり、

カンボクやガマズミの実が赤くなってきていたり。

これから少しずつ、秋に変わっていくのを見るのが楽しみです。

これから夜には虫の声がBGMになっていきます。そんなのも楽しみですね!

タマゴダケ

こんにちは、エンゼルフォレストの(自称)キノコ博士、池田です。

夏も終わりに近づき、だんだん涼しい日が多くなってきました。場内のナナカマドやドウダンツツジの葉の色が少し変わってきており、秋の到来を予告しているかのようです。昨日場内のある場所で見つけたこちらからも、秋を感じさせられます。テングダケ科のキノコ、タマゴダケが生えていました。

真っ赤な色をしていて、これは絶対毒キノコだろうと思われる方が多いのではないかと思います。実際同じテングダケ科でタマゴダケと良く似ているベニテングダケは毒キノコなのですが、タマゴダケは無毒で食用になります。結構美味しいキノコですが、このキノコを食べたことがある人はあまり多くないと思います。壊れやすいキノコなので一般にはあまり流通していないのです。タマゴダケという名前は、タマゴの殻のような壺状の外被膜に包まれて生えてくることに由来するのだと思われます。そしてこのタマゴの殻的な物がついているかが、似ている他のキノコと区別する大きな手がかりとなります。

ところで、一昨日山梨県の60代女性がタマゴダケモドキというキノコをタマゴダケと間違えて食べて食中毒になったそうです。嘔吐や下痢などの症状が出て入院しているそうです。タマゴダケモドキは確かにタマゴダケに似てはいるのですが、黄色い色をしているので間違えにくいと思うのですが。カサの裏はこのようになっています。

これから森には色々なキノコが生えてきますが、キノコの知識があまり無い方が、キノコの種類を特定するのは大変難しいと思いますので、安易に適当に取って食べると大事故につながる恐れがあります。「地味なキノコは食べられて、派手な色のキノコは毒キノコ」とか、「柄が縦に裂けるキノコは食べられる」とか、昔から言い伝えられている簡単に食べられるキノコを見分ける方法とかは全部嘘です。そんな方はいらっしゃらないと思いますが、その辺に生えている良く分からないキノコをBBQで焼いたり、ダッチオーブン鍋に入れて食べたりしないようお願いします。美味しいキノコが食べたくなりましたら、エンゼルフォレスト入口近くの「道の駅」などで入手されると良いかと思います。ダッチオーブンでキノコの炊き込みご飯なんかを炊いてみるのはいかがでしょう?

クラシックカー

支配人 渡邉でございます。

台風の影響も思ったほどではなく、ここエンゼルフォレスト那須白河では夏の陽気が戻った感じでございます。そんな週末のなか、クラッシックカーの団体様がお越しになり、当社の駐車場の一角が、いつになくノスタルジックな雰囲気になっております。

青いのは、ブガッティです。

手前の黒いのがフィアット。運転席には最新のタイム計測器がついており、ある競技で使用するそうで、1/100秒まで計測するシビアな競技だそうです。

こちらは、イギリスのオースチン。ラリー仕様です。

外国車、日本車問わず古い車が沢山ありますが、こうして現存して実際に走っているというのは感動的にも思います。新しいものにも、古いものにも、それぞれに「良さ」というのがありますね。ただ、古いものを維持していくというのは部品とか考えますと大変そうですが。

サワガニ

こんにちは、エンゼルフォレストの(自称)庭師、池田です。

昨日、売店からカヌー乗り場へ向かう歩道沿いに植えてあるドウダンツツジの手入れをしておりました。木の幹の下の方の小枝を剪定し、雑草や余分な土を取り除いていたのですが、その時に落ち葉の中からサワガニが出てきました。

連日気温が30℃を超える日が続いていましたし、サワガニが出てきた落ち葉が結構乾燥していたので、ちょっとびっくりしました。でも考えてみると、その場所はカヌー乗り場の近くに流れている川から15mくらいの距離ですから、干からびてしまいそうになったとしても、サワガニの歩行速度でも10分も歩けば十分に水分補給出来る場所に戻れるのでしょう。サワガニの食性は雑食で、藻類や水生昆虫、陸生昆虫、カタツムリ、ミミズなど色々な物を食べるそうですから、落ち葉の中にはご馳走がたくさんあるのかもしれません。

裏はこんな感じです。

ちなみにサワガニは水がきれいな渓流や小川に多いので、水質階級I(綺麗な水)の指標生物となっているそうですから、エンゼルフォレスト内を流れている川の水は綺麗な水だということになりますね。

 

場内の様子

支配人 渡邉でございます。

今年の異常ともいえる猛暑、皆様のお住まいの地域はいかがでしたでしょうか。お盆が過ぎて夏休みも後半に差し掛かってまいりましたが、ここエンゼルフォレスト那須白河では、お盆を境に変化が見られます。その一部をご紹介いたします。まず、清流にはつきもの刺されると痛い厄介もの「アブ」が少なくなります。その他には秋のイメージが強い「ススキ」が穂を出し始めます。見頃になるのは9月~10月くらいと言われておりますので、なるほど納得というところでしょうか。それと同じ時期にあるものが見頃といいましょうか、食べごろといいましょうか、「ヤマボウシ」です。6月~7月に真っ白い花を咲かせ、果実が熟すのがちょうどススキの見頃と重なります。どちらも場内でみられますので、季節を感じながらご覧いただければと思います。

 

場所:湿地園

ススキは別名「カヤ」ともいわれ、昔の家の屋根材としても使われていたそうです。萱葺き屋根ですね。この近くでは、天栄村湯本地区にある温泉宿で「源泉亭湯口屋旅館」さん、「ひのき風呂の宿分家」さんは、萱葺き屋根を今でも守り続けております。

ちょっと足を伸ばして、「大内宿」は有名ですね。

 

場所:大駐車場入り口

ヤマボウシの実もところどころ色づいてきました。写真ではわかりにくいですが、沢山の実がついてます。意外にも、実が食べられる事を知らない人が多い?そのままでも食べれますが、ジャムや果実酒にする方が多いかもしれません。

場内の様子:おまけ

爆睡中のジーナさんです。

羽鳥湖

支配人 渡邉でございます。

今回は、エンゼルフォレスト那須白河にほど近い「羽鳥湖」のご紹介です。昭和31年に完成した羽鳥ダムですが、完成当時は日本最大級のかんがい用ダムだったそうです。完成後は、農業用水として須賀川市、西白河郡、岩瀬郡などに供給されております。ただ、皆様もご存じのように記録的な猛暑が続き、羽鳥湖の水も干上がっている状況になってしまいました。施設を運営する側としては、雨は降らない方が良いと思ってしまいますが、農家の方々にとっては死活問題です。何でも、バランスは大事ですね。

展望広場(国道118号線)からの様子です。ここはまだ、水が残っておりますが、場所によっては完全に湖底が出てしまっております。ダムになる前は、羽鳥村という60戸弱の集落がありました。普段は湖底に沈んでおりますが、当時の村にあった橋でしょうか?これを見るとかつて集落だった事がわかります。名前の由来もそこから来ているのだと思います。

ナナフシ

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。現在日本列島に台風13号が接近中でして、エンゼルフォレストでもこの後夕方くらいまで激しい雨が降る可能性があります。が、その後の降水確率は30%くらいで、明日には晴れ間がのぞくかもしれません。あまり激しく降られるのは困りますが、現在は小雨が降ったり止んだりでとても涼しく、すごしやすい気温となっております。

そんな中、本日も各所を点検・清掃の為に巡回しておりますと、この昆虫を見つけました。

おや、カマキリかな?と一瞬思いましたがナナフシでした。まだ子供なのかそういう種類なのか分かりませんが、ちょっとずんぐりむっくりとしています。

ご存じの方が多いと思いますが、ナナフシは木の葉や枝などに擬態している昆虫で、当然木の多い森の中に生息していますので、エンゼルフォレスト内でもたまに見かけます。今回は湿地園の近くのトイレのドアのところで見つけましたが、気付いたらいつのまにか服についていたりすることもあります。たぶん風などで木から落ちてきたりするのだと思います。

ちょっと調べてみましたら、ナナフシはこのひょろっとした見た目からは意外なことに、力持ちの昆虫らしく、自分の重さの40倍の重量物を運搬することが出来るそうです。その為産業用ロボットを改良する為にミュンヘン工科大学などで研究されて、ナナフシモデルという6脚ロボットが開発されているそうです。

 

親子

支配人 渡邉でございます。

毎日暑い日が続いております。くれぐれも熱中症にはお気を付け下さい。さて、当エンゼルフォレスト那須白河にある人造湖。ここでは、カヌーやフィッシングが楽しめるエリアになっておりますが、何とも愛らしい光景がございましたのでご紹介したいと思います。何と、カモの親子が泳いでおりました。親ガモの後を追う小ガモの姿にホッコリしました。親子っていいですね。

花火花

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。

暑い日が続いていますが、今日のエンゼルフォレストはくもりで少し気温が低めです。もっとも予報ではくもり時々晴れですので、この後太陽が顔を見せてくるかもしれません。

ところで、下の写真の花をご覧になったことがありますか?

白河方面から県道白河羽鳥線を走り、真名子峠を上ってきまして、だいたいエンゼルフォレストのある場所と同じくらいの標高のところに来ますと、今道路沿いにこの花が咲いています。

セリ科の「シシウド」という植物なのですが、かれこれもう10年以上も前のこと、この植物の名前を知らなかった私は、勝手に「花火花(はなびばな)」と呼んでいました。線香花火に似ていると思ったので、そう名付けたのですが、今正式名称となっている植物の名前も、そのような感じで誰かが名付けたのがいつのまにか定着していったというのが多いのかもしれません。

例えば上の写真も羽鳥湖高原でこの時期良く見られる植物ですが、「ホタルブクロ」という名前です。名前の由来は幾つかあるようですが、手に持つ提灯に似ていることから「火垂る(ほたる)袋」という説があります。他には子どもたちがこの花の中に蛍を入れて遊んだからという説もあります。

どうですか?「花火花」と同じようなレベルのネーミングセンスだと思いませんか?

ついでにこちらは夏の高原の代表的な花「ヤマユリ」です。山に咲く百合ですので、ヤマユリ、シンプルなネーミングですね。

このように平地では生えていない、高原特有の植物が見られるのも夏のエンゼルフォレストの楽しみのひとつではないかと思います。おそらくこういった植物が発散する成分によるのだと思いますが、この時期の高原の空気には、気分を高揚させる不思議な効果があるように思えます。

 

 

 

フライフィッシングしませんか?②

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。このところずっと晴れで暑い日が続いていましたが、今朝エンゼルフォレスト近辺では小雨が降りました。午後1時現在晴れていますが、幾分暑さがやわらいでいるように思えます。

先週に引き続きまして、フライフィッシングに関しての投稿をさせていただきたいと思います。

前回大雑把にフライフィッシングというのはこういう釣りですよ、というご説明をしました。その時々に発生している虫に似せた毛バリ(フライ)で魚を釣る、豊かな自然の中にあるエンゼルフォレストにぴったりの釣りがフライフィッシングです。

このような毛バリ(フライ)を使って釣ります(エキスパートの方は雑な巻き方だなと思われるかと思いますがご容赦を)。

このフライは「ブラック・ペネル」というフライで、19世紀にスコットランドのコロモンドリー・ペネルという人が考案したフライだそうです。羽化したユスリカやアリなどのトラウトがおいしいと思うダークな昆虫のイミテーションだそうでして、世界的に有名なフライだそうです。

上の写真のような、針と糸類3種と黒く染められたニワトリ(フライの材料用に飼育されているニワトリ)の羽とキジ(ゴールデンフェザントというチベットとミャンマー北部に生息するキジだそうです)の羽が材料で、巻き方も比較的簡単です。特定の昆虫を模したフライではなく、黒っぽい昆虫になんとなく似せているので、年間を通して有効なフライです。分厚い氷が張った冬のエンゼルフォレストでも、一部砕氷してこのフライを投げて釣れるほどです。

渓流や本流などで天然の魚を狙う場合は、その時に実際に飛んでいる虫や流れてくる虫などに似せないと釣れないというシビアな釣りになるのかもしれませんが、エンゼルフォレストは養殖魚が放流されている管理釣り場です。放流された後は自然に発生した虫なども食べていますが、それだけではエサが足りませんので、スタッフがペレットを撒いたりしています。ですのであまり難しく考えなくても、何種類かフライを用意すれば結構簡単に釣れると思います。

10年くらい前までは、フライフィッシングの初心者用セットというのがあまり市販されていなかったと思いますが、最近ではロッド・リール・ライン・フライなどがセットになったお手頃価格のセットも多く販売されています。今までフライフィッシングに興味があっても二の足を踏んでいた方がいましたら、そういった物を利用してトライしてみてはいかがでしょうか?エンゼルフォレストでチャレンジされるのであれば、簡単な投げ方や釣り場のルールなどは「アクティビティーセンター」で聞いていただければ、アウトドア全般に関する知識が豊富なスタッフが、丁寧にご説明させていただきます。