待春キャンプイベント

こんにちは、アウトドアスタッフの池田です。

エンゼルフォレストでは、昨日3月1日から明日3月3日まで、「待春キャンプイベント」ということで色々なイベントを開催しています。そのうちのひとつが下の動画の「インフレータブルテント設営体験会」です。アウトドア用品メーカーのロゴスさんのテント、「エアマジック」という従来のテントと設営方法が全く違う方式のテントの設営を、お客様に体験していただくという内容です。

今年の一大イベント

支配人 渡邉でございます。

新しい年を迎え、丸2ヶ月経ちました。そんな中でも既に今年の一大ニュースとは?やはり、全世界も注目する天皇陛下の生前退位でしょうか。31年の平成時代から新しい元号に変わりますが、来月4月には発表される事になっております。ただ、ふとカレンダーを見ていると、西暦表示、西暦+和暦表示と様々なようです。平成29年(2017年)12月に閣議決定されていますが、カレンダー屋さんも表示には色々と悩まれたのではと今更ですが思うところです。さてさて、実はエンゼルフォレストがある天栄村羽鳥湖高原も、世界から注目を浴びております。それは、昨年もご案内いたしましたが、オートキャンプ世界大会が開催される年で、日程は少し先の9/28~10/6までの9日間となっております。F.I.C.Cの規定により、3ヶ国語表示のパンフレット(正式)が出来上がってまいりましたのでご紹介いたします。

表紙

プログラム

参加申込書

その他、エクスカーション・ポストラリー

ちょっと見にくいのですが、テント、キャンピングカー泊の方は、参加費用一般(23歳以上)一人あたり18,000円×人数。大人2名で36,000円となります。ただ、8日間通しての料金となっており、1泊料金ではございません。一泊あたりにすると、大人2名で4,500円という事になります。そう考えるとお得ですね。ただし、ここでご注意いただきたいのは、キャンプパスポートがF.I.C.Cと日本オートキャンプ協会が発行するキャンピングカードインターナショナル(CCI)が必要になります。既に日本オートキャンプ協会の会員様であればカードは発行されておりますが、会員でない方については別途入会金2,000円と年会費5,000円の7,000円が必要になります。※詳しくは日本オートキャンプ協会、本大会の事務局(天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会へお問い合わせください。

ヨーロッパの余暇の過ごし方なんでしょう1週間という長い期間を要しますが、滞在期間には特に定めはございませんので、大会前後の週末にキャンプをして、中日の平日はお仕事。といった参加でもOKです。前回日本で行われたのが、25年前の島根大会ですので、次回またいつになるか?と考えれば、今回の大会に参加する意味は十分あるのではないでしょうか。長々となってしまいましたが、当社にもパンフレットを設置しておりますので、是非ご検討いただければと思います。

【お問い合わせ】

参加に関するお問い合わせ

天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会(事務局)

〒962-0503福島県岩瀬郡天栄村下松本字原畑61

TEL:0248-94-2232 Eメール:89th.ficc.rally@gmail.com

キャンピングカードインターナショナル(CCI)について

一般社団法人日本オートキャンプ協会

〒160-0008東京都新宿区四谷三栄町13-2清重ビル2F

TEL:03-3357-2851 FAX:03-3357-2850 Eメール:jac@autocamp.or.jp

新しいタイプのレンタル自転車!?

こんにちは、アウトドアスタッフの池田です。

今日も暖かく、3月中旬くらいの陽気かなというエンゼルフォレストですが、昨日総合フロント前の駐車場で珍しい自転車に乗っているアクティビティースタッフを見かけました。新しいレンタル用の車両の試験走行かもしれません。

 

キャンプイベント内容のご案内

スタッフ兼子です。

3月1日~3日開催の待春キャンプイベントのタイムテーブルが決まりました。

イベントは有料と無料のものがございます。

キャンプのお客様には各ワークショップ、又は、アクティビティで使える800円分のチケット(1サイトにつき)をプレゼントしますのでご活用下さいね。

 

追加になったイベントは最終日朝のここっとのパンで朝食を!です。

ここっとさんは天栄村の人気ベーカリーです。

手作りの美味しいパンが食べられますよ。

ベーカリーの隣にはカフェ小麦丘も併設しており

人気のシチューボックスや

美味しいタルトなんかもあります。

グリーンシーズンには美しい田園風景を眺めながら食事が楽しめますよ。

 

待春キャンプのイベントではここっとさんのパン(食パン数種)を炭火で焼いて朝食にします。

ドリンクはスタッフ自家焙煎のコーヒー、又は、ココアかミルクが選べますよ。

焙煎に興味が有る方は自分で生豆を焙煎する事も可能です。

 

忙しいキャンプ最終日の朝はここっとのパンでお手軽キャンプ飯なんてどうでしょう。

待春キャンプ!イベント追加

みなさんこんにちは!

スタッフ兼子です。

3月1・2・3日開催の待春キャンプにロゴスさんからエアマジック PANELドーム L-AHをお貸出いただける事になりました(*^ワ^*)

??エアマジック PANELドーム L-AHって何ですか(??)

とお思いの方に商品のご紹介をさせていただきます。

そうです。インフレータブルテントなのでございます。

以下、ロゴスさんHPより引用、

空気を入れるだけ!設営約5分のPANEL SYSTEM搭載エアテント

初心者でも約5分で組立てられる、エア注入式構造を採用した2ルームテント。耐風性にすぐれ、家族4人が横並びになれる寝室と、PANEL SYSTEMでさらに拡張できるリビングスペースを兼備。設営・撤収が簡単だから、キャンプの貴重な時間を有効に使える。

 

ごご5分!!

本当ですか?

・・・と実際設営した事の無い私がロゴスの美人営業さんに質問したところ。

「貸し出し出来るので送りましょうか」

となりまして、、

では折角なので!っとお客様にも体験していただける設営イベントにさせていただく事といたしました。

 

記録会とかにして誰が一番早く立てれるか競ってみるのも面白そうです。

↓こちら設営動画です。

インフレータブル構造以外にもインナーテントに仕切りが付いてたり。

ロゴスさんならではのかゆい所に手が届く的な機能が随所に見れる魅力的なテントです。

キャンパーさんに限らずコテージのお客様も是非体験してみて下さい。

こんなに簡単なテントがあればキャンプしてみたいな!と思っていただけるのではないでしょうか。

好評とあらば今年のキャンプレンタルアイテムに追加も検討します。

皆様是非体験しに来てくださいね。

第六回 ミミルのサイト訪問

こんにちは!

本日は2/10に取材したサイトの紹介です。

901~904サイトにうちのジーナと同じグレートピレニーズのわんちゃんがたくさんいたのでそちらに取材しにいきました!

4サイトの紹介なので長くなりますが最後まで見ていただければと思います。

まずは宴会会場になっていた901のテント内の写真から。

取材のアポを取りにいった時、このテントの中で約10人と6匹ものわんちゃんでお昼から楽しそうな宴会をしていました。

それだけのスペースを確保する空間利用術がすばらしいですね!

こちらは902サイトです。

元気なわんちゃんがお出迎え♪

ONOEのピザオーブンで作ったピザが宴会で大好評だったようです!

次は903サイト

テントのなかには写真映えしそうなアイテムがたくさん!

ひとつひとつのアイテムに対するこだわってらっしゃいました。

特にこのColemanのヴィンテージランタンがいい雰囲気をだしています。

最後に大きなキャンピングカーとそれに負けない迫力のわんちゃんが出迎えてくれた904サイトを紹介。

町工場にオーダーメイドしてつくってもらったというこちらのペグ。

市販のものに比べて重く、太くつくられているので地面への刺さりも抜けにくさも抜群とのことです。

ただいま、取材に協力していただけたお客様にキャンプサイト宿泊割引券をお配りしています!

取材の逆オファーもお待ちしております!笑

では、また次回お会いしましょう。

 

冬のキャンプイベント開催決定

こんにちはスタッフ兼子です。

三連休最終日は風も無く穏やかな天気です。

キャンパーの皆様ものんびりテントを片付が出来ますね。

天気が良かった事もありチェックアウトのお客様がみなさん笑顔で帰って行かれる光景は本当に良いものです。

さて、話は変りまして冬のキャンプイベントのお知らせです。

昨年が第一回の冬のキャンプイベント、二月開催で「雪中キャンプ大会」だったんですが、

今年は第二回で、三月開催なので今回のイベントは「待春キャンプ」と勝手に呼んじゃいます。

開催日は3月1日(金)~3月3日(日)です。

現在決まっている内容はこんな感じです。

①サイト料金割引:開催日のキャンプサイト利用料金は割引料金が適用となります。

AC電源付サイト 4,000円

ドッグフリーサイト 5,000円

キャンピングカーサイト 6,000円

ドッグフリーキャンピングカーサイト 7,000円

 

②アーリーチェックイン、レイトチェックアウト無料

3月2日(土)のアーリーチェックインと3月3日(日)のレイトチェックアウトが無料となります。

※降雪状況により3月2日のアーリーチェックインはサイトの除雪が終わり次第のご案内となります。

 

③ナイトパーティ開催

3月2日夕刻からキャンパーさんたちの交流を目的としたパーティーを開催します。

キャンパーさんは参加無料です。

ちなみに去年はこんな感じでした。

パーティー会場

テーブルにはスタッフ特性燻製がセットされております。

お酒やドリンクは持ちよりです。

苗場酒造さんから苗場山(日本酒)を提供していただいて美味しい日本酒を堪能しました。

今年もいただけるかな??

美味しいお酒やおつまみを食べながらワイワイ懇談です。

 

ビンゴ大会も開催してささやかながら皆さんにお土産を持って帰っていただきました。

ナイトパーティーはこんな感じでお客様とスタッフの距離近いアットホームなイベントです。

 

④スタッフ一押しのワークショップ

3月1日~3日まで随時ワークショップを開催していきます。

ワークショップの内容は決まったものからHPで更新していきます。

現時点で決まっている内容です。

 

〇スモークサーモン?をつくろう 1組1,500円

金曜日にアイスフィッシングで釣り上げたニジマスを使って土曜日にスモークサーモンづくりに挑戦します。

気温の低い冬でないと出来ない楽しい燻製作りです。

 

〇スノーシュートレッキング 1名1,500円(スノーシューレンタル代含む)

スノーシューで冬の森をスタッフと散策しましょう。

 

〇星空観察会 1名300円

星のソムリエ資格取得に向けて猛勉強中のスタッフO森が星座の説明や、

望遠鏡を使って月の観察をしてみましょう。

 

〇朝のスタッフ自家焙煎コーヒー 1杯100円

スタッフが自家焙煎したコーヒーをドリップしてキャンプならではの特別な1杯が楽しめます。

※キャンプのお客様はワークショップで使える800円分のチケットをご用意いたします。

 

この他にも色々と企画中です。

決定次第HPにて随時ご報告させていただきます。

 

3月第一週の予定が未定の皆様、

是非エンゼルフォレストにキャンプにいらして下さい。

お待ちしてますよー( /^ω^)/ワーイ♪

第5回ミミルのサイト訪問

今回は2/8に取材させていただいたサイトの紹介です。

白河市からお越しのK.Tさん、3回目のご来場です。

早速外観から。

昼間より夕方のほうが写真映えしますね♪

ogawaのVelero5はこのように真ん中に入口をつくれるところがいいですね!

中に入ると子供達が歓迎してくれました。寒くても元気いっぱいです!

スノーピークのアイアングリルテーブルの上でゆたんぽが温められていました。

古いと思う方もいるかもしれませんがゆたんぽこそ布団の中にかかせない暖房器具だと思います!

5回の取材を通して、キャンパーさんたちの共通点を1つ見つけました!

みなさんキャンプ道具などを収納するのにいろいろなBOXを多用しているようですね。

過去のブログを見返すといろいろなBOXが写真に写りこんでいますよ~

ではまた次回お会いしましょう!

第4回 ミミルのサイト訪問

お待たせいたしました!

わたくし大森がインフルエンザで休んでいた為、取材日から6日遅れの投稿になってしまいました…

今回は3組紹介させていただきます。

まずはこの企画初登場のキャンピングカーサイトから。903に宿泊のS.T様、茨城県からお越しいただきました。

キャンピングカーって憧れますよね!

本当はここでキャンピングカーショーの紹介をする予定でしたがわたくしが休んでいる間に終わってしまいました泣

お次は609サイトにご宿泊のH.S様。いわきからお越しいただきました。

こちらがH.S様お気に入りのLOGOSのアイアン囲炉裏テーブル。料理も作れて暖もとれる季節を問わず活躍してくれる優れものです。

ラストは宮城県からお越しのK.S様。520サイトご宿泊です。

2ルームテント、マミー型シュラフをレンタルして雪中キャンプ初挑戦。

水色のスチールベルトクーラーとデッキチェアが映えますね~

キャンプ道具がなくてもアクティビティセンターにあるレンタル品だけで雪中キャンプを楽しめますのでエンゼルフォレスト那須白河で雪中キャンプデビューをしてみませんか?

ではまた次回お会いしましょう!

アイスフィッシングからの燻製作り

こんにちは、アウトドアスタッフの池田です。

年初からお客様にご利用いただける新しいアクティビティーがひとつ増えました。凍結したレイクに穴を開けてニジマス釣りを楽しむ「アイスフィッシング」です。このアイスフィッシングで釣ったニジマスは釣り券1枚ご購入につき三匹までお持ち帰りいただけます(50cm以上の魚はリリースしていただいております)ので、調理して召し上がっていただくことも出来ます。釣り上げた魚を塩麹に漬けておいたスタッフが燻製作りをしていましたのでその様子をご紹介いたします。