モミジ

こんにちは、今日も朝1時間ほど散歩してきたスタッフ池田です。ジーナがオーバーウエイトの為、少し前に歩き続けて運動量を増やす散歩に変えたのですが、散歩中にジーナはどれくらい続けて歩けるのだろうかと思いました。1時間歩いた後は、しばらく舌を出してハアハア言っていますが、これは体温調節の為と思われ、特に疲労困憊というようには見えません。2時間、3時間と歩き続けるとそのうち「もう歩けません」となるのかちょっと気になりました。話は変わりますが、昨日に続き森の樹木の紹介でして、今日はモミジです。施設内の色々な場所で見かけるモミジですが、屋内ドッグランの近くにもたくさん生えています。

こちらは屋内ドッグラン入口の向かって右のところのモミジです。

ご存じのようにモミジの葉はこのように5つに裂けた手のひらのような形をしています。モミジにも種類が色々あるようですが、これはヤマモミジでしょうか?秋になると色が変わる紅葉が綺麗ですよね。

今この木の下を見ると、このような小さな植物が生えているのですが、これはモミジの苗です。昨年落ちた種が春になって芽吹きました。赤くなった二葉の上に、更に二枚の葉が出ています。葉の形が木になったモミジと違いますが、成長するにつれて普通のモミジの葉の形になっていきます。たくさんの苗が生えていますが、残念ながらここも草刈りをする場所なので、近いうちに刈られてしまいます。もっとも生き残る子孫がごくわずかなのが野生の動植物ですから、これも自然の成り行きではありますね。