雪合戦東日本大会

支配人 渡邉でございます。

皆様、冬のスポーツと言えば、何を思い浮かべますでしょうか?恐らくほとんどの方がスキーを思い浮かべるかと思いますが、スキーだけでは無いんです。それは、雪合戦!これは、東日本大会が毎年恒例で、ここ羽鳥湖高原で開催される大会です。通常ですと雪玉を使うのですが、今回の雪不足でカラーボールを使う事になりました※公式でも認められております。そこで、今まで使用していた会場が使えず、今回の会場は当社エンゼルフォレストのテニスコートを使用して1/18(土)のジュニアの部、1/19(日)の一般の部で2日間にわたり行われてております。簡単にご説明しますと、1チーム7名で、3分1セットで3セット行われ、最後に雪玉に当てられなかった人数が多く残ったチームが勝ち。もしくは、敵陣に立てられたチームフラッグを奪取したチームが勝ちとなる比較的簡単なルールですが、なかなか戦略的に当てていかないと結構難しかったりします。でも、見ても面白いですし、実際に参加しても面白いゲームですので、是非ご興味がある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

少し分かりにくいかもしれませんが、シャトー(木製の箱のようなもの)を盾に隠れながら相手に当てていきます。

 

ジュニアの部の表書式の様子。ここから、小学生の全国大会(来週に富山県で開催)へ出場する2チームが選ばれました。