「第89回FICCオートキャンプ世界大会」閉幕

支配人 渡邉でございます。

ここ最近ブログがアップできず、久しぶりの投稿になってしまいました。申し訳ありません。さてさて、何度もご案内しておりましたオートキャンプ世界大会が無事に閉幕いたしました。参加国は日本を含め14ヶ国がここエンゼルのある羽鳥湖高原に集結いたしました。実は私も実行副委員長として運営をサポートしており、様々な国のキャンパーと交流させていただきました。このキャンプラリーは、国境を越えたキャンパー同士の交流のほか、開催国の地域や文化、そこの地域住民との交流という目的もあります。あいさつが会話になり、そこから横につながって、別のところで会話が生まれ、回りまわって結局すべてにつながっていく。閉会式では参加者全員で手を繋ぎ、輪になって蛍の光(原曲:スコットランドのオールド・ラング・サイン)を合唱します。わたしはしっかり日本語で歌いましたが・・・・。

8日間の過ごし方は様々でしたが、わたしが率直に感じた事。みんなキャンプ大好き!当たり前ですね。でなければ参加しませんね。世界規模の交流会という事でしょうか、それでおそらく、キャンプというのは接着剤みたいなものなんだろうなぁ

なんだか、私も参加したくなりました。