去年の今頃・・・

こんにちは!

 

アクティビティセンターの太っちょ珍獣、田崎です。

 

ここのところ、台風が来たり、先日も都内で27~29℃の夏日を記録したりと、な~んか秋らしくないんだよな~とボヤいてみたりしていたのですが。

朝晩の気温は10℃前後、山の緑も薄れて、黄色や赤に染まった葉をちらほら見かけるようになって、秋はちゃんと来ているんだな、と感じた今日です。

 

さて、去年の今頃はどんなだったかな?と気になり。

去年のブログを見てみました。

去年の今頃はカメムシを話題にしておりました。

 

今年も先週あたりからカメムシシーズンに突入しております。

臭いが為に皆に好かれないカメムシたち。

ちょっとかわいそうですが、臭いのはたまりませんからね😓

 

このカメムシ、実は私、食べたことがあるんです。

確かインドネシアのお土産だったと思います。専門学校の先生が買ってきました。

透明なお菓子の袋の中に、茶色い数十匹のカメムシの素揚げ。

しかもどれも2㎝以上の大きいカメムシ。

先生が「食べたいヤツー?」と訊きましたが、その場にいた仲間誰もが手を挙げなかったので、「はい!食べてみたいです!」と手を挙げた私。こういうところ目立ちたがり;。

完全なるカメムシのフォルム、口に入れるのは正直勇気が要りましたが、、、

クンクン、、、クンクン、ん?臭くない!むしろ美味しそうな良い匂い。

口に入れると、エビフライのしっぽのようで、カリッと香ばしく美味!

先生「どうだ?うまいだろ?な、そうだろ~」「こいつ、生きてたときはカラフルで超きれいなんだぜ、しかも臭い。でもうまいだろ?」

・・・今は亡き、尊敬してやまない先生との懐かしい楽しい思い出の一つです。

 

今、生きているカメムシをみて美味しそう、と思うことはさすがにないのですが。

臭いと忌み嫌われるカメムシにも魅力を見出し、興味を持ってもらおうとする姿勢は、非常に勉強になりました。

 

何においてもですが、、

苦手なもの、嫌いなものに、ほんの少しの魅力を見つけるだけで、グッと距離が縮むような気がします。

みなさんはいかがですか?