天栄村のお酒

こんにちは、売店の 今井 です(*^ω^*)/

今回は、売店で販売している地元のお酒を紹介します。天栄村には【寿々乃井酒造】と【松崎酒造】の2つの酒蔵があります。簡単にですが、2ヶ所の酒蔵についてご紹介します。

【寿々乃井酒造】・・文化8年(1811年)創業の200年以上続く歴史ある蔵元です。蔵の前の道は旧街道で会津藩主が参勤交代で通った街道があり、蔵には木の格子が備え付けられています。これは庶民が参勤交代の大名行列を見下ろしてはならないということから、外側からは見えにくく、内側からよく見えるようにと備え付けられたそうです。寿々乃井酒造さんに陳列されている商品の9割以上が地元、天栄村を中心とした地元向けに販売されており、その約8割が普通酒として販売されています。仕込水は裏山から湧いている湧き水を使用し、米は「亀の尾」を使用しています。

<エンゼルフォレストの売店で取り扱っているお酒>

★特別純米酒 自然流 寿月 720ml (精米歩合55%、日本酒度+3、酸度1.2)

上品な味わい、ほのかに甘みを感じる淡麗辛口のお酒です。燗にすると甘みを帯びた乳酸の香りが顔を出し、飲み口は丸くよりドライな辛口酒になります。端麗辛口でありながらまろやかさをもつ上品な味は湧き水の性質なのでしょう。

【松崎酒造】・・明治25年創業(1892年)、100年以上続く歴史の深い酒蔵で、古くから地元の人々に愛飲されるお酒を醸し続けてきました。「廣戸川」という酒名の由来は、地元の名水「釈迦堂川」がかつて「廣戸川」と呼ばれていたことに起因します。「全国新酒鑑評会」では6年連続で金賞受賞!福島県が開発した「夢の香(かおり)」で全国に挑み続け、2018年まで7年連続で金賞を受賞しています。仕込水は風光明媚な天栄村の地下から汲み上げたミネラル成分を含んだ井戸水、米は福島県が開発した「夢の香」を使用しています。

<エンゼルフォレストの売店で取り扱っているお酒>

★廣戸川 純米酒 悠久の里 石背 720ml (精米歩合60%、日本酒度+1、酸度1.5)

原料米は、地元産のコシヒカリを使用している。とても飯米ベースとは思えない魅力あふれる味わいで、白桃やリンゴを思わせる吟醸香があります。爽やかな甘みとなめらかな舌触りと、洗練された後味もあり、純米吟醸のクオリティーを感じるほどです!冷やからぬる燗まで楽しめ、野菜や卵などを使った優しい味わいの料理や、マリネ、ピクルスなどにぴったりです♪

★廣戸川2本セット(廣戸川 本醸造 300ml/羽鳥湖 辛口 300ml)

廣戸川 本醸造・・酒造好適米ではないコシヒカリで仕込まれて造られた日本酒です。優しい吞み口で冷酒でもお燗でも呑み飽きしないです!

羽鳥湖 辛口・・香りや旨みなど控えめで小さくまとまっている感じです。軽快感と辛口による切れの良さで広く食中酒として飲めます。普段の晩酌酒としてもオススメです♪

★廣戸川カップ 180ml

“毎日飲む酒”。飲みやすく、飲み飽きしない味です!!まさに日常気軽に飲める酒として、燗でも冷やでもおすすめのお酒です♪

エンゼルフォレストに遊びに来た際や、天栄村に遊びに来た際は是非。天栄村のお酒を楽しんでいただければ幸いです(*^ω^*)♡もちろん、お土産にも喜ばれる事間違いなしです!!

少し長くなってしまいましたが、この辺で・・・(@^^)/~~~

ねぎそば食べました!

こんにちはー!

キッチンスタッフ深谷です。

こちら福島は快晴でとても暖かいですよ~\(^o^)/

今日はお休みを頂きました☺

あまりにも天気が良く、ポカポカ陽気でしたので・・・

大内宿まで足を延ばしてしまいましたぁ🚙

 

エンゼルフォレスト那須白河のディナーバイキングでもご提供している

「ねぎそば」を食べました!

大内宿といえば「ねぎそば」ですよね?

何度か食べたことがありますが・・

いやぁ、食べにくい!ww(*^▽^*)

ねぎでそばをすくうなんて・・そんな簡単には出来ないですよぅ😢

ですがぁ、美味かった!

 

エンゼルフォレスト那須白河にお越しの際はぜひぜひ!

レストラン ラ・ピーナで「ねぎそば」に挑戦してください。

もちろん、お箸で召し上がって頂いても大丈夫ですから(^o^)

 

皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております!