<周辺観光情報>白河市最高峰権太倉山

こんにちは、エンゼルフォレスト登山部の池田です。

今朝のレイク近辺の様子です。

レイクの氷は厚く、溶けるのに時間がかかるのでまだ残っていますが、周辺の雪がほとんどなくなってしまいました。暖かく過ごしやすいのは良いのですが、雪景色がこんなに早く見られなくなってしまうのは少し寂しい気もします。しかし早く春が来るならば、グリーンシーズンのアウトドアアクティビティーが早く楽しめるようになるということでもあります。自然豊かなエンゼルフォレストの近辺には、大勢の登山客が訪れる有名な山がたくさんあります。尾瀬の燧ケ岳、那須連峰の茶臼岳、三本槍岳、朝日岳、天栄村の二岐山などです。こういった山々の情報も周辺観光情報としてご紹介していこうと思いますが、今回は白河市の最高峰(といっても白河市の山はそんなに数が多くないと思いますが)、天栄村との境界に位置する「権田倉山」のご紹介です。エンゼルフォレストからは車で50分くらいで、東北自動車道の白河中央スマートI.C.からのアクセスは下のマップの通りです。

権太倉山は標高976mの低山ですが、頂上からの眺望は羽鳥湖が見下ろせるなかなかの景観です。積雪期でなければあまり体力に自信の無い方でも登れる山で、すっかり雪のなくなる4月末の山開きの後から10月くらいまでの間の登山がお勧めです。しかしいくら低山とはいっても、例えばアクシデントで歩けなくなってしまって、夜になって雨が降ったりしますと、大事故につながりかねません。登られる場合はしっかりとした登山用の装備(レインコート、携帯食、水、ヘッドライト、トレッキングシューズ、エマージェンシーシートなど)で、アクシデントに対応出来るパーティーメンバーで臨まれるようお願い致します。2月中旬の権太倉山は下のような様子で、頂上付近には多いところで50cmくらいの積雪があります。