アイスフィッシング

こんばんはスタッフ兼子です。

先の投稿(動画)で気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです、明日からアイスフィッシングが体験できるようになります。

(o*´∇`)oワーーー

気になる内容の説明です。

アイスフィッシングとは氷上の穴釣りの事で日本では一般的にワカサギがターゲットなのですが、北欧やカナダ、ロシアなどではパイクやパーチ、トラウトなどをターゲットとして楽しまれています。

そう、トラウトです。

エンゼルフォレストにも沢山のレインボートラウトが氷の下で春を待っております。

うん、これ釣っちゃおう  ̄∇ ̄)ノって事ですね。

受付はアクティビティセンターです。

必要な道具一式と1時間の釣り券がセットで2,000円で利用できます。

何と宿泊のお客様は500円引きの1,500円とお得です。

内容や釣れるまでの流れがイメージできない方の為に簡単に説明をさせていただきます。

先ずはアクティビティセンターで道具を一式レンタルして下さい。

氷上穴釣りですが安全の為、桟橋から降りない様にして下さいね。

ブルーのバックに道具一式が入っておりますが風で飛ばされる事がありますので桟橋のボラードにバックを掛けて下さい。

先ずはアイスドリルで氷に穴を開けます。

バックから餌を取出し穴にパラパラと撒きます。

これで魚を穴の真下に集める訳ですね。

釣竿を取り出して仕掛けを穴に落とします。

魚は仕掛けを餌と間違えてパクリ。

魚はネットですくってあげると糸が切れにくく、魚にも優しいです。

ニジマスの歯は鋭いですから鈎外し(プライヤー)を使って仕掛けを外して下さい。

はい、イイ顔です。

魚は3尾までは持ち帰りOKです。

持ち帰る予定の方はクーラーボックスなどご持参下さい。

キャンプの方は調理して食べる事も出来ますね。

食べないのであれば魚にダメージを与えない様に優しくリリースしてあげて下さい。

直接手で握ったりすると火傷しちゃいます。

リリースした後に死んでしまいますのでネットを使って優しいリリースを願いします。

 

道具の返却の際もバッグに入れて返していただければ良いのですが、使用したネットはバッグに入れないで下さい。

鱒の匂いがバッグ全体に染みわたり洗濯しないと次の方に貸し出せなくなってしまいます。

お手数ですがご協力よろしくお願いします。

 

撒き餌は十分な量が入っておりますが使い切った場合は購入となります。

また、仕掛けも絡んだり切れたりした場合は購入となります。

 

明日は販売開始日になりますから、15時から16時の間は私も桟橋に行って皆さんの釣りのお手伝いをいたします。

 

皆さんも穴の中からニジマスがニョロッと顔を出した時の興奮を是非味わって下さい。

ニョロッ

冬の新しいアクティビティー!?

こんにちは、アウトドアスタッフの池田です。

今日は朝から天気が良く、凍った湖面や積もった雪に日がさして景色が綺麗なので、レイクへ動画を撮影に行きました。するとカヌー桟橋のところで、スタッフの兼子さんが何やらやっているところで...(※風の影響で聞き取りづらい部分もありますが、音声ONでご視聴ください)。